花々と木々の香りの中で...

A-morfo 花のアトリエ
<< リュベロンの村々を巡る | main | アンスイの村で >>
Un Patio en Luberon - Ansouis (アンスイ)

 リュベロンの村々を巡って [ フランスの最も美しい村 ] のひとつ アンスイの村の

シャンブルドット Un Patio en Luberon につきました。

村の入り口に公共の駐車場があり その先は居住者のみが車を入れられるように

ポールで規制されていました。タクシー ツアーのドライバーさんに 手伝ってもらい

坂道をスーツケースや手荷物を運んで フーフー言いながら上り... 迷っていると

近所に住む女性も 気さくに一緒に運んでくれて 15分くらいで 到着です。

(マイ カーで来る方には 事前にホテルまでの車のルートが知らされているようです)



道から 中庭への入り口

入り口から 階段から 壁... シャンブルドット 全部が音楽でも 奏でているように...  フレツシュな蔓性のグリーンが流れをつくっています  



中庭から 部屋へ登る階段


部屋にリュベロンの村の名前が付けられていて この部屋は ルールマラン。

洗練されたインテリアが そのイメージ。


こちらの部屋は ゴルド


夕食は まだ 明るいパティオに面した テーブルで 8時から。

パイ皮の上に パプリカのマリネとオリーブのタプナードがのった温かい一品。


ローズマリーの葉付きの枝に ダイナミックにトマトやナス・ズッキーニを刺して ... 大きなベイクされたサーモンに添えられて。

直径20cm以上もある アプリコットのブリュレ。

この小さなアンティークな村のホテルの経営者は 老夫婦のような気がしてましたが 予想に反して 粋なシルバーのイヤリングをジャラジャラして 素足でパティオをペタペタ歩くような若い男性でした。

お料理もその方がしていて 魂が入りこんでいるようでした










  

お茶は 2階のテラスで。

やはり 手作りの体にとても 良いと言っていた インフュージョン。

いろいろ ミックスされているハーブティーのよう...

テラスでは ここのネコちゃんも 夕涼み中。

ひんやりした マイナスイオンたっぷりの空気がすごく心地よくて...

[ このテラスって 天に近い気がする ] って ただ ぼんやり 過ごした夜...。







| パリと南フランスの旅 | 14:07 | comments(0) | -
コメント
コメントする










CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
 世田谷のアトリエ
LINKS
PROFILE
SPONSORED LINKS